• 投稿カテゴリー:お知らせ
「JR東日本スタートアッププログラム2022DEMO DAY」で、「スタートアップ大賞」を受賞いたしました

東日本旅客鉄道株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社が進める「JR東日本スタートアッププログラム2022春」に弊社は応募し、116社の応募企業の中から、書類審査とプ レゼン審査を経て、「地域共創」「デジタル共創」「地球共創(SDGs)」のテーマ提案を含む 10 社のなかで、「デジタル共創」のテーマで採択されました。

12月8日に「JR東日本スタートアッププログラム2022」の春の採択企業のDEMO DAY(発表会)がオンラインで開催され、DEMO DAYにおいて、弊社は、総合グランプリ「スタートアップ大賞」を受賞いたしました。

引き続き、東日本旅客鉄道株式会社ならびにJR東日本スタートアップ株式会社と協業して、弊社のミミズ型ロボットで、駅構内施設などのファイバースコープなどでは見ることの出来なかった配管深部の状態把握や不具合事象の予防、清掃効率化の可能性を検証してまいります。

「JR東日本スタートアッププログラム」とは 

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計81件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化にいたりました。なお、内閣府主催の2018年度第1回日本オープンイノベーション大賞において、経済産業大臣賞を受賞、2020 年度第3回同賞において、環境大臣賞を受賞しました。

https://jrestartup.co.jp/news/2022/11/87735/