代表メッセージ

生物のような「柔らかいロボット」で、世界を動かす。

株式会社ソラリスは、中央大学中村研究室の優良な研究成果を事業化する目的で、2017年に中央大学で初めての大学発ベンチャーとして設立されました。当社は、世界でもトップレベルの高出力型人工筋肉アクチュエーション技術を有しております。この技術を基軸として、いままで世界中で誰も実現できなかった、生物のように「しなやか」で「やわらかい」革新的なソフトロボット・メカトロニクス機器を創生し、社会の幸福を追求していきます。

生物のようなソフトロボット技術で世界をリードする

「柔よく剛を制す」という言葉をごぞんじでしょうか?
従来の産業用ロボットは高速高精度を追及してきたため、剛性の高いロボットが開発されてきました。しかし、これらのロボットは現代の複雑化・多様化した産業構造に対して限界があると言われています。
そこで、「柔よく剛を制す」の言葉のごとく、アクチュエータやそのリンク構造を生物や人間のように「柔らかくする」ことで、複雑で変化しやすい周辺環境に対して柔軟に適応できるロボットを目指します。
特に当社では、「蠕動運動」をキーワードとした腸管型ミキシングポンプやミミズ型管内検査ロボット、人間の筋肉のような柔らかくて軽い「アシスト装置」などの、とてもユニークな世界初の技術を通して、宇宙開発等の最先端領域への適用に挑戦していきます。

「ワクワク感」を大事にしたい!

当社は、かつて少年、少女の頃に胸に秘めていたような「ワクワク感」を大事にしています。それはディープテックとして世界に類を見ないオリジナリティ性の高い技術を探求する誇りであり、この技術を用いて世界を動かしていこうとする野心でもあります。
この「ワクワク感」を胸に、産業界に革新的な技術をもたらせるような、ソフトロボットの世界的なリーディングカンパニーを目指していきます。